株式会社RJCでは初心者であってもJavaの基礎を体得できるように教育制度を用意しています。教育カリキュラムを徹底することによって高いクオリティの製品の開発を行えるようになっていて、それが会社全体の評価にも繋がっています。他の分野からの転職者でも安心して利用できる仕組みがあります。教育カリキュラムにいくつもの実績が存在し、ここからプロのエンジニアが誕生することも非常に多いです。

Biz CAMPUS Onlineによる研修

株式会社RJCが研修に使用しているのがBiz CAMPUS Onlineです。これは好きな時間に全国のどこからでもオンライン動画で受講できるストリーミング配信サービスとなっていて、誰もが簡単に利用することが出来ます。Biz CAMPUS Onlineで視聴できるのは撮りおろしの動画教材です。講師が行う一方的な講義ではなく、ワークショップの様子や実際のシーンを再現した動画を含まれています。それゆえに研修のリアリティは非常に高いと言えるでしょう。また、受講計画から確認テスト、受講報告、振り返りなどに至るまで人材育成の専門コンサルタントのサポートがあるため、研修の効果が得られやすい特徴があります。Biz CAMPUS Onlineは定額制のサービスですが、もちろん会社の研修として使用する場合にはRJC側が費用を一定額負担します。スキルアップを次々と実現したい場合にも、この研修を受けることに大きな意味があります。

RJCならでは研修問題を実施

株式会社RJCでは独自の研修問題を実施しています。研修期間中に300問解く仕組みになっており、実際に問題に答えることによって理解しているかどうかを判断することが出来ます。300問の問題は様々な種類で構成されていて、研修の結果や経過を知る上で非常に有用です。問題の中から理解できていない部分を把握することにより、再度復習する仕組みになっています。問題は合計で1000問ほど存在し、その中から必要な300問を解くのが特徴です。

研修テストを解く、と聞くと自身の理解が露見してしまうと億劫に感じる方もいるかもしれません。しかし、ここでのチェックは分かっていない方をあぶりだすものではありません。自分でどこが分からないかをはっきりとさせるものです。それゆえに正解率などが大っぴらになることはないので安心できます。研修においては自分の実力との向き合う機会がありますが、それは伸びしろを示すものでもあると言えるでしょう。

アプリ制作活動を通じた研修

どれだけ勉強を積んだとしても、実際の業務に役立てるにはそこから発展的な要素を体験することが重要となります。そこで株式会社RJCが行っているのがアプリの制作活動を通じた研修です。開発メンバーと話し合い、実際の制作を通じて学んでいきます。この活動を行うことにより、自分の能力の中でどこが優れているのか、どこが足りないのかを知ることが出来ます。明白に目的があることによって、研修の効果が得られやすいと言えるでしょう。作成するアプリはウェブサービスなど、開発メンバー同士が相談して決める仕組みになっています。開発メンバー同士で相談することも実は研修に含まれていて、お互いに何を作りたいかを把握して最終的な決定を実施します。具体的に作られたアプリは公開されていますが、いずれも優れた性能を持つものばかりとなっています。ここからも研修の精度が非常に高いことを示すことが出来ていて、その内容からさらに発展させることもあります。

JAVAやjQueryの基礎を学べる

株式会社RJCの業務の中でも特に重要なのがJAVAに関する開発です。その基礎から学べるのが研修の特徴と言えるでしょう。JAVAには条件によって処理を分けたり、値の大小を比較したりする場面があります。それらを研修で学んでいくことにより業務の精度を上げることが出来ます。その他、プログラムの長江を表すフローチャートの書き方、読み方を学ぶことも可能となっています。明白なアルゴリズムを組みたいという場合にも有効な研修が含まれていることもメリットです。いずれも実際の業務に繋がる研修ばかりとなっています。

jQueryの研修も充実しているのがRJCの特徴です。これはJAVAスクリプトの基礎を押さえた状態から学ぶ仕組みになっています。学習スピードを高められる制度が用意されているので、すぐにスキルアップをすることに役立ちます。日々の勉強をするためのきっかけとなる要素も含まれているのが大きな特徴と言えるでしょう。

まとめ

RJCには多様な研修制度が用意されています。全ての方に必須の制度もありますが、それぞれの方が任意で選択できるものも含まれます。JAVAを学びたい方には特にうってつけと言えるでしょう。外部のシステムも利用しているので、一層効率的に学ぶことが出来ます。学習のスピードと正確性の両方を維持することが出来る仕組みも多く、RJCの業務全体を高める上で非常に重要な要素を担っています。