未経験からエンジニアとして採用される環境でも、十分に研修が行われているのか不安という方もいるでしょう。株式会社RJCでは基礎から徹底的に学んでいける環境が整えられています。研修終了後のフォロー体制も含めて充実させることで、人財を育てていくことにつながるのです。現場に出てからのフォローもしっかりと行われているので、実際に働き始めてからも不安を解消しながら安心して業務を進めていけます。

基礎を固めていくことができる研修

新入社員が受ける研修では、未経験の方でもエンジニアになれるようにしっかりと技術を学んでいくことが可能です。未経験でも1人前のエンジニアを目指せる秘密というのが、問題を解きながら演習形式で学べるという点です。平均で300問ほど解いていくことで、自分の苦手分野などを把握しながらスキルアップしていくことにつながります。問題を解いてわからない部分があれば講師に質問し、理解度を高めていくことも可能です。

さらに技術力を磨くだけではなく、人間力を高めるための研修も用意されています。ビジネスマナーやスケジュール管理は、働いていくうえで大切なポイントの1つです。コミュニケーション能力に関する内容などを、座学だけではなく体験型のゲーム形式で学んでいけます。このような能力を身に付けていくことで、実際に現場で働くときでも安心して働けるようになります。客先常駐という働き方になるからこそ、研修でさまざまな能力をしっかりと身に付けておく必要があるのです。

研修制度について知ろう!

株式会社RJCでは社員を育てるために、どのような研修制度を用意しているのでしょうか。新入社員が受ける研修のほかにも、役職者やポジションアップに通じるリーダー研修なども用意されています。段階に合わせて学んでいくことで、少しずつステップアップしていけるというのもポイントの1つです。

また現場に出て働くようになってからも、自分のスキル不足や技術の進歩についていけないと感じることもあるかもしれません。そのような場合は、特定の内容に関するリクエスト研修が受けられます。学びたい内容をリクエストできるので、その時々で必要な内容が学べるというのがポイントの1つです。

さらに実際に学習していくときには、動画を使った形で学んでいくことが可能です。動画を活用することで、自分のペースで学習できるというのもポイントの1つです。理解しにくい部分があれば、繰り返し動画を視聴することで疑問を解決してステップアップしていくことにつながります。

現場でのフォロー体制も整っている!

株式会社RJCの特徴の1つが、客先常駐という働き方になるという点です。本社で働くのではなく、お客様の会社で基本的に業務をすることになります。客先常駐ということになると、問題なく働けるのか不安という方もいるでしょう。社員が安心して働けるように、出向前研修としてプロジェクト参画前に改めてルールなどを学べる場を用意しています。もしも不安な点があれば、この機会に質問して解決することも可能です。

研修をしっかりと受けていたとしても、初めての現場だと不安を抱えることもあるでしょう。そのような場合に備えて、現場のフォローもしっかりと行われています。具体的には社員全員に携帯電話の貸し出しを行って、何かあったら気軽に電話することが可能です。客先で仕事をするとき、業務内容以外でも人間関係などで何らかの問題が出てくるかもしれません。そのようなときでも相談相手がいることで、より良い解決策が見つけられる可能性もあります。

福利厚生面のフォローに注目!

安心して働くためには、福利厚生面のフォローも気になるという方もいるでしょう。株式会社RJCでは、面談を実施することで1年を振り返って査定を行えるようにしています。スキルと給与の関連を明確にする職位制度を採用し、働きに見合った形で報酬が受け取れるようになっています。健康診断の補助制度があるのもポイントの1つです。

さらに客先常駐という働き方といっても、月に1度の帰社日が設けられています。この帰社日でヒアリングやスキルアップ活動をすることで、状況に応じて自分の実力を高めていくことにつながります。また帰社日では、普段は会う機会がない相手と交流するチャンスがあります。社員同士で交流して横のつながりを作っていくことで、お互いの悩みなどを相談しやすくなります。

ほかにも社員の交流の場には、全社員ビュッフェなどの機会もあげられます。社員会のイベントも年に2回あるので、同じ会社の仲間同士で情報交換をしてスキルアップを目指すことも可能です。

まとめ

株式会社RJCで研修を受けることで、基礎からしっかりと実力をつけていくことが可能です。問題演習を通してスキルアップができるので、未経験でも1人前のエンジニアを目指していけます。また現場に出るようになったから1人前と判断するのではなく、その後のフォローアップの環境が整えられているのもポイントの1つです。社員同士が交流する機会もあるので、横のつながりを強化してお互いに能力を高め合っていくこともできます。